*

息子が数学が苦手のようです

小学生の息子がいるのですが、よく算数について質問してきます。
「小学生の算数なら簡単だから」と思って説明しようとすると、思わぬ壁にぶつかるのです。それは、「x」と「y」が使えないことです。
六年生になって最近やっと「x」と「y」が登場してくれましたが、それまでは本当に大変でした。
四角や丸の記号で説明したり、図を書いて考えたりと、実に面倒なのです。中学の数学を経験してしまうと、それがとてももどかしくなります。
当然のように説明がうまくできず、子供が混乱してしまうことも少なくありませんでした。
高学年につれて難しくなっていくので、なおさら説明が大変で、早く中学生になってくれないだろうかと思ってしまったくらいです。
そのため、今はやっと楽になりました。六年生になってから教えるのが楽になるなんて、不思議な感じです。
ただ、別の問題も発生しました。
息子の書く「x」と「y」はとても下手なのです。別の文字に見えてしまうこともあるので、今度は綺麗な書き方を教え込むことになりました。
まさか算数で書き取りをすることになるとは、思いもよりませんでした。

さて、これからミュゼプラチナムに行ってきます。
中学生のお姉ちゃんがムダ毛を気にしているので連れて行ってあげているんです。→中学生もミュゼOK



コメントする