*

2018年4月

市販の薬、サプリメント、漢方薬は効果があるか?

東洋医学の理論では精神と肉体は密接に関係しますので、ストレスで精神にダメージを受け、加齢で肉体が衰えればEDという症状は起こりやすくなると思います。

細かく見ても年齢とともに男性ホルモンの分泌も落ちますし、海綿体の血液吸収の力も落ちるので、多少は勃起しにくくなると思います。

精神面でも怒りすぎたり、おびえすぎたりすると、東洋医学でいう肝と腎がダメージを受けますので、そのような状態はできるだけ避けた方がいいと思います。

間違ったED・中折れ治療とは?

やはり一番の近道は根本治療です。そして、治療院や病院を選ぶのも人と人のつながりです。

患者さんによく「自分の家族を診るような気持ちで施術させていただきます。」と伝えます。

そのくらい親身になって、「必ず治すぞ!」という心がけで施術されているところに行って欲しいと思いますし、もし今まで西洋医学の治療法だけを行なっていたのでしたら、ぜひ徳田重男の絶倫マニュアルの方法を試していただきたいと考えます。

市販の薬、サプリメント、漢方薬は効果があるか?

私はサプリメントに関して、多少は効果があると思っています。

中でもビタミンEは、アーモンド、ピーナッツといった木の実や大豆に多く含まれていて、全身の血流を改善する効果があると言われています。

血流が改善されると海綿体(かいめんたい)にも血液が流れやすくなりますし、その他の循環器系の病にも多少効果も期待もできると思います。

次に漢方薬ですが、こちらは東洋医学の分野ですので、根本治療につながるでしょう。

漢方薬はその人の喋り方、肌つや、脈やお腹の張りなどを診て、その人に合ったものを処方するので、一度漢方の専門医、薬剤師に相談していただきたいと思います。


一種独特の「断糖食」

一種独特の「断糖食」を持ち込むことで短期間に高血圧の症候を重大に是正するというこの目論み・・・早めの人なら3日ほどで、ゆっくりした人でも数ウイーク以内には、血圧がノーマルな容態に立ち返るモデルが数多くレポートされている、いま現在、事実病院で診療として行われている是正法なんです。その病院とは、荒木裕さんが院長を務める兵庫県の崇高クリニックで、脂肪太りや真性糖尿病、高血圧症などの生活習慣病、抑欝症などの精神疾患を向上するために「断糖食療法」を核としたと入院加療を行っています。「断糖食」なんていうと、味気がなくて、骨の折れるそうで、と割りかた面倒な感じがあるかもしれませんが、その実教材の中身を見てみると、予想外なほど気軽に食生活に持ち込むことができるものでしたし、減塩やカロリー抑制など、「食べる・飲む」ことにそんなにガマンを必須としないやり方でした。できるだけ忍耐しないで高血圧症を是正することに関心がある方はこちらのページをもう少しだけ読み進めてみてくださいね